気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『黒猫の三角』  森博嗣

<<   作成日時 : 2004/08/12 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

うわああああああん!!!!(号泣)
私、『人形式モナリザ』を読んでから、『黒猫の三角』(両方とも森博嗣)を読んだのでした。
もし、両方をお読みの方がいらっしゃいましたら、さぞ呆れておいでのことでせう(えっえっ)

先に『人形式モナリザ』を読んでいた私は、「保呂草」なる人物が、第2作以降にも登場することを知ってました。それどころか、「保呂草」にプラスαのイメージがついてたりするわけです。それでもって、、、、ううううう(泣)
実は常々、作者の森氏は叙述トリックがいまいちかも・・・いえ、例えば実験的東野圭吾の方が、斬新叙述トリックを仕掛けて来るかなあなどと思っていたのですが、今回は叙述どころか自分で墓穴掘ったわけですな、、、、(謎)

全く意味不明なことを書き連ねて来ましたが、要するに、京極夏彦の『塗仏の宴』を『絡新婦の理』より先に読んだよりもさらにマヌケな状態に陥ったのだということです(更謎)
(この場合は完全ネタばれ及び後日譚までわかってしまうという状況になりまする)

(2002/12/07(Sat) diary改)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おもしろかったミステリー小説を薦めてみた
「先生・・・・・・、現実って何でしょう?」 萌絵は小さな顔を少し傾けて言った。 「現実とは何か、と考える瞬間にだけ、人間の思考に現れる幻想だ」 犀川はすぐ答えた。 「普段はそんなものは存在しない」 森博嗣/『すべてがFになる』 ...続きを見る
前向き脱力系サラリーマンのつれづれなるブ...
2005/10/08 09:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!
トラックバックさせていただきました。

シリーズものを順番間違えて読んだときってショックですよね。
かく言うわたしも、森博嗣『すべてがFになる』の前に、『冷たい密室と博士たち』を読んでしまいました。
古本屋で見つけたのがいけなかったのかな・・・。

確かに今回の叙述トリックで、順番を間違ってしまったのは大痛手ですよね。
もらい泣きいたします。
うああああん(泣)

書き始めのブログですが、良かったら遊びに来てください。
今後もブログ共々よろしくお願いいたします。
優樹
2005/10/08 09:16
はじめまして、コメント&トラックバック、そしてもらい泣き、ありがとうございます。

この件では、友人に笑われたものでした(笑)
こちらこそよろしくお願いいたします。

やこめっち@管理人
2005/10/08 23:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
『黒猫の三角』  森博嗣 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる