気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『のだめカンタービレ』 二ノ宮 知子

<<   作成日時 : 2004/11/15 09:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最初の1・2巻を読みました。
モーツァルトの連弾の曲は知ってました(だから何だ?)

舞台は音楽大学、指揮者の道を目指したい千秋の夢と現実との間での苦悩が描かれ・・たのかも知れませんが、ピアノは何故かうまいが天真爛漫・はちゃめちゃ・生活能力なしの「のだめ」に翻弄され、、、しかも、のだめに匹敵する奇人・変人ぶりを発揮するヴァイオリンの峰・ティンパニーの真澄ちゃん、巨匠・指揮者のミルヒが登場するコメディです、もちろん。

変人の類がのだめだけでなく、峰やら真澄ちゃんたちが出てきたのが秀逸ですね。2巻現在、ミルヒの妙な子供じみた振る舞いなど、ここまでくるとかえってリアリティがありそう(意味不明)

続きが楽しみな作品です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『のだめカンタービレ』 二ノ宮 知子  気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる