気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『蝉しぐれ』  藤沢周平

<<   作成日時 : 2005/01/01 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 初めて読んだのは、もう10年かそこれ前のことですが、素直に感動しました(笑)
 国営放送ドラマ化記念で読み返して見ましたが、落ち着いて読むと、巧妙に複線が張り巡らされているのに気が付きます。

 物語の軸になるのは、まず、文四郎とおふくの淡い縁、逸平や与之助との友情ということになるでしょうが、その他に藩(おなじみ海坂藩)の派閥の抗争、それに文四郎が剣の技で関わって行きます。
 文四郎の父の助命嘆願の話、秘剣村雨の伝授と意外な人物、これらの一見何でもないようなエピソードがうまく効いて来ます。
 何故か与之助も情報を拾ってくるのですね(笑)藤沢作品に毎度おなじみ(?)の色気美女タイプ(??)の女性(矢田未亡人)も登場します。

 個人的には、作者の全盛期ははずれた作品だとは思うのですが、ファンが多い理由はわかるような気がします。でも、これがだけが藤沢周平ではない、といってみたい気も(^_^;)

 ドラマでは、文四郎が内野聖陽、おふくが水野真紀、文四郎の父は勝野洋、犬飼兵馬が荒井紀人でした。
 好みはいろいろあるかも知れませんが、これで文句をいうと平岩ファンが怒るかな、という出来かと思います(謎)
(あの枠、藤沢作品はまあ良いが、平岩弓枝は・・(自粛))

そう言えば、宝塚でも上演されたことがあったように記憶しています。 (No.10)

(1988.5 文藝春秋/1991.7 文春文庫) 

牧文四郎は、小和田逸平や島崎与之助とともに、剣や勉学に励む毎日を過ごしていましたが、父(養父)の助左衛門が藩の派閥の対立に巻き込まれ、切腹させられます。人々の冷たい視線の中、剣に邁進し、旧録に復す沙汰が出ます。
 一方、文四郎が淡い感情を抱いていたおふくは、江戸で藩主のお手つきとなります。おふくの子をめぐって、文四郎も派閥の対立と無縁ではいられなくなります。

時代小説ワールド


蝉しぐれ (文春文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「蝉しぐれ」セミのように泣いた!
 「蝉しぐれ」(東宝)は、人を想い続けることの美しさを描いた時代劇! 「たそがれ清兵衛」(02)「隠し剣 鬼の爪」(04 ...続きを見る
新作映画ピンポイント情報
2005/10/03 22:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます。
「秘太刀馬の骨 書評」でお世話になったtarkishです。
誠に申し訳ありませんが、何とお呼びすればよろしいでしょうか?
ちょっと管理人さまの名前が解らず書くのに困ってしまいました。

話題がそれて申し訳ありません。
自分も「蝉しぐれ」大好きです。
実は藤沢作品はまだまだ読み始めたばかりなのですが、この作品
で藤沢の天才性に気付いた気がします。

それから、別サイトの池波の追悼文の話はおもしろかったです。
藤沢と司馬の二人とは新聞社も粋な人選ですね。
この三人の会話が生前あったのどうかは知りませんが、もし
あったならどんな会話をしてたんでしょうね?

これからも記事楽しみにしてます。
「『蝉しぐれ』  藤沢周平」について
2005/01/04 14:57
tarkishさま、
今年もよろしくお願いいたします。
私・管理人は、「やこめっち」とか書いてみて「矢古女」とか名乗っております。まあ、そんなに重要なことではないかも知れません(笑)

池波・司馬・藤沢、と3人が一同に会したかどうかは存じませんが、藤沢のエッセイか何かで読みましたが、藤沢周平は池波正太郎と会ったことはあるみたいです。池波の方が先輩なので、「よっ」と声をかけたとか、読んだ気がします。
やこめっち@管理人
2005/01/04 23:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
『蝉しぐれ』  藤沢周平 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる