気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ○読み切り連作

<<   作成日時 : 2005/01/18 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 最初に書かれた「読み切り連作」の形の時代小説は、柴田錬三郎の『眠狂四郎』シリーズだそうです。

 現在でもそうですが、シリーズものの小説では、主人公やおもな登場人物の年齢や設定など、変化がないのが普通ですが、「読み切り連作」では、シリーズが進むにつれて、登場人物の身の上が変化していて、その上ひとつひとつの短編とは別に、シリーズを読み終えたときに、大きなストーリーが完結しているものまでもあります。

 『眠狂四郎無頼控』は、「週刊新潮」に連載されていたそうですが、毎回完結する話に加え、狂四郎と美保代の関係、男雛と女雛の行方なども、読書の興味を引きます。
 池波正太郎の『剣客商売』のシリーズも、本を読んでいくうちに、秋山大治郎は佐々木三冬と祝言をあげ、小太郎という子供も生まれます。二人の成長物語としても読むことができます。

 藤沢周平も「読み切り連作」ものをいくつか書いていて、例えば、『よろずや平四郎活人剣』や『三屋清左衛門残日録』などがそうですが、藤沢作品では、短編とは別の大きな長編の方も、しっかりとした流れを作っていて、「縦糸」と「横糸」がきっちり編み込まれているような印象を受けます。

 平岩弓枝の『御宿かわせみ』シリーズは、初期の頃は、登場人物たちの身の上は、閉塞状態の中にあったようですが、ある時期からストーリーが動き始め、畝源三郎は結婚して、麻生の七重も婿を迎え、神林東吾とるいのカップルも祝言をあげ、その上千春という女の子まで設けています。さて、どうなることやら。。。

時代小説ワールド

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
○読み切り連作 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる