気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『壇林皇后私譜』 杉本苑子

<<   作成日時 : 2005/01/22 23:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

表題の通り、壇林皇后こと橘嘉智子が主人公。嘉智子が嵯峨帝(神野王子)の妃になるところから物語は始まっています。
設定として、嘉智子の従兄・橘逸勢が嘉智子に思いを寄せていたというのが、全体の伏線になっているようです。というか、嵯峨、逸勢、そして空海(もちろん小説に登場)と言えば、三筆ではありませんか。

何かと事件の多いこの時代、主だったところで伊予親王の変、薬子の変、そして承和の変が絡んでいます。その他、このようなメジャーなものだけでなく、こまごまとした陰謀もアリです。私の感じるところでは、杉本女史は「疑わしきは謀殺」というスタンスで書いているので、高津内親王や高志内親王ら、はっきり言ってマイナーな人までいろいろと・・(自粛)

印象的だったのは、平城(安殿太子)の妃(になるはずだった)薬子の娘が入水自殺したというエピソードを載せていたことでしょうか。創作だと思いますが、しかしこの薬子の娘、実際のところどうなったのでしょうね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
梅宮大社 「壇林皇后祭」
嵯峨天皇の皇后で仁明天皇の生母(壇林皇后)を偲ぶお祭り。生花を供え檀林皇后の徳を... ...続きを見る
京都の観光地・逸話ー京都市エリア
2006/06/15 15:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『壇林皇后私譜』 杉本苑子 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる