気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ○時代劇の登場人物 − 山手樹一郎の小説

<<   作成日時 : 2005/01/13 21:51   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 山手樹一郎と言えば、有名な『桃太郎侍』の原作者です。
しかし、高橋英樹が演じた、TVの『桃太郎侍』とは、設定もストーリーも異なってます。

 主人公の桃太郎侍(新二郎)は、大名のご落胤。しかし、訳あって市井で暮らしています。日本人の好きな「貴種流離譚」というやつですね。
 桃太郎侍は、若君である双子の兄・新之助の身代わりになることで、お家騒動に巻き込まれます。
 お家乗っ取りを企む国家老一味や、けなげな江戸家老の娘、桃太郎侍を慕う女スリの小鈴や、桃太郎侍の手足となって働くやはりスリだった伊之助など、さまざまな人物が登場します。

 この新二郎をはじめ、『江戸群盗記』の只野松太郎(松平鶴太郎)や、『朝晴れ鷹』の菊四郎(菊村直四郎)など、山手作品のヒーローたちはみな、明るくて、ちょっと呑気な青年です。その他、主人公に惚れ込む姐御、可憐な武家娘、江戸っ子の三枚目などが登場。主家を乗っ取った悪徳商人や、商人と結託する奉行や家老の存在も欠かせません。

 彼らとともに、お家騒動や復讐譚などのストーリーが展開して行きます。善玉・悪玉の区分は明確ですが、途中で心を入れ替えるものもいたりします。
 双子やご落胤といった、出生の謎が絡む場合も多いです。『桃太郎侍』でもそうでしたが、『朝晴れ鷹』では、備前屋・尾形加賀守一派に復讐していくお律と、菊四郎の婚約者の織江とが、双子だという設定になっています。

 山手作品は、ほとんどがハッピーエンドなので、安心して読むことができるでしょう。

時代小説ワールド

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
○時代劇の登場人物 − 山手樹一郎の小説 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる