気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ○捕物帖文学史

<<   作成日時 : 2005/01/15 22:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 小説・漫画はもちろん、TVオリジナルの作品を含めて、数多くの捕物帖が存在します。

 一番最初に書かれた捕物帖は、岡本綺堂の『半七捕物帳』です。
 結構、知られている話ですが、『半七捕物帳』は、『シャーロック・ホームズ」(コナン・ドイル)の影響を受けて、書かれたものだそうです。
 (どうでもいいんですが、先日ケーブルTVの時代小説チャンネルのガイドにあった、里見浩太郎の「半七捕物帳」の解説、岡本綺堂の堂の字、道になってました(汗))
 岡本綺堂は、「シャーロック・ホームズ」を読んで、探偵物語に興味を持ち、自分でも書いて見ようと思ったそうですが、ただ、現代の探偵物語を書くと、どうしても西洋の真似になってしまうので、いっそのこと純和風に書こうと考えたそうです。

 『半七捕物帳』の後、『右門捕物帳』(佐々木味津三)、『銭形平次捕物控』(野村胡堂)、『人形佐七捕物帳』(横溝正史)が発表されます。それに、『若さま侍捕物手帖』(城昌幸)を加えた五つが、「五大捕物帳」に数えられます。

 ちょっと異色なものとしては、『顎十郎捕物帳』(久生十蘭)が挙げられます。
 普通、捕物帳の主人公と言えば、二枚目と相場が決まってましたが、この「顎十郎」こと仙波阿古十郎は、特大の顎を持っています。内心では気にしているのか、かつての同僚が何気なく自分の顎を撫でたところ、抜き打ちに斬りつけたというエピソードの持ち主です。

 その他、代表的な捕物帖シリーズとしては、『伝七捕物帳』(陣出達朗)、『同心部屋御用帳』(島田一男)、『ゆっくり雨太郎捕物控』(>多岐川恭)などがあります。
 横溝正史もそうでしたが、島田一男や多岐川恭も、現代の推理小説家としても著名でした。島田一男のシリーズはけっこう読んだものでした。

時代小説ワールド

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お待たせいたしました
みなさん、こんにちわ。雑誌「新青年」などで活躍した作家久生十蘭のオフィシャルサイト準備委員会へようこそ。私は1957年に亡くなった久生十蘭の現在の著作権管理人の代理のhisaojuranと申します。著作権管理人の意を受けて管理人とみなさまの仲介をさせていただくのが ...続きを見る
久生十蘭オフィシャルサイト準備委員会
2005/04/04 14:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
○捕物帖文学史 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる