気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ○根岸肥前守

<<   作成日時 : 2005/02/13 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 時代小説、特に、捕物帳のシリーズでは、架空のヒーローたちを助けたり、また後ろ楯になったりする人物に、歴史上に実在した人物を持ってきたりします。

 思い付くままに、よく利用された人物を挙げてみると、「知恵伊豆」こと松平信綱、田沼意次、遠山景元(金四郎)、阿部正弘などなど、歴史上の有名人に出会うことも多いです。本人が主役クラスで活躍する場合もあれば、主人公をバックアップする側に回ることもあります。

 ところで、最近の捕物帳のシリーズでは、根岸肥前守鎮衛が登場するものが目に付きます。『はやぶさ新八御用帳』(平岩弓枝)や『霊験お初捕物控』(宮部みゆき)などがそうです。
 もっとも、たまたま私が目にするものに多いだけかも知れませんが。

 簡単に説明しますと、根岸肥前守鎮衛は、寛政10(1798)年から文化12(1815)年まで南町奉行をやってます。
 奉行という立場と、それから根岸肥前守は、『耳袋』という書を著しているそうで、それも題材として使われやすい要因なのかも知れません。 

時代小説ワールド


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
○根岸肥前守 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる