気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『はやぶさ新八御用帳(10) 幽霊屋敷の女』 平岩弓枝

<<   作成日時 : 2005/02/14 13:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

はさぶさ新八シリーズ」第10弾。短編シリーズはひとまずここで区切り。

「江戸の盆踊り」
 盆踊りを見に肥前守は、新八郎とお鯉を供にお忍びで出かけます。踊りの輪の中で、人探しをしているらしい老女がいました。

「郁江の危難」
 祖母が亡くなり、墓参に行った郁江は、実家の近所に住んでいて、今は旗本の越山家に嫁いだ幸代に出会います。郁江は幸代を根岸の別宅へ誘い、一緒に泊まります。その後も二人は度々根岸で会いますが、ある日、兄嫁の雪江は、根岸の寮から茶道具や骨董品がなくなっているのに気が付きました。

「大口屋の三人娘」
 大竹金吾と大口屋の娘との縁談話を新八郎は聞きます。その後、大口屋の娘二人が、刃物で袂を切りつけられる事件が起きます。大竹金吾は、すでに縁談を断っていました。

「幽霊屋敷の女」
 御番所に届けられた酒に毒が入っていて、死者が出ました。その後、権勢を誇る水野出羽守の屋敷前に雪達磨が作られ、その中からお出入りの医師・滝川元信が死体となって発見されました。

「江戸の娘」
 江戸市中で狼が目撃されるようになります。狼の傍らには、女がいるようでした。

「小町踊り」
 肥前守の叔母が怪我をして、お鯉が手伝いに行きます。その頃向島の隠居所では、金が盗まれる事件が相次いで起きてました。

(1999.9 講談社/2002.9 講談社文庫)

時代小説ワールド



はやぶさ新八御用帳(十) 幽霊屋敷の女 (講談社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「はやぶさ新八御用帳/御用旅」 シリーズ (平岩弓枝)
 初めの二作、「大奥の恋人」と「江戸の海賊」は長編です。第三巻目からは短編集です。最近では「御用旅」シリーズとなったらしい。  隼新八郎は、南町奉行根岸肥前守の内与力という設定で、主な登場人物は、お鯉、妻の郁江、その兄の神谷鹿之助、同心の大竹金吾や大久保源太、そしてお初や勘兵衛など。 ...続きを見る
気ままな読書日記@WebryBlog
2005/02/14 13:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『はやぶさ新八御用帳(10) 幽霊屋敷の女』 平岩弓枝 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる