気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『はやぶさ新八御用帳(6) 春月の雛』 平岩弓枝

<<   作成日時 : 2005/02/06 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

はさぶさ新八シリーズ」第6弾。落合清四郎が登場、常連メンバーに。印象的なのは、「冬の蛙」でしょうか。

「江ノ島弁財天」
 江ノ島詣に行ったお初たち一行のおよしが殺されます。目撃者が水戸家奥女中の宮城野だったので、肥前守は新八郎を遣わします。

「狐火」
 旗本浅尾主膳の邸内で、狐火が出るという噂が広まります。新八郎は、浅尾家の女中・おくみが、実家と連絡が取れないという話を聞きます。

「冬の蛙」
 肥前守の叔母のところで新八郎は、旗本の立花新兵衛と娘の弥生を引き合わされます。弥生の夫は狂犬に噛まれて死亡し、みごもっている弥生の生む子が男子なら、家を継ぐことになってました。

「鶏声ヶ窪の仇討」
 甘酒屋で喧嘩騒ぎがあり、ひと段落ついた後で、菰包から死体が出てきました。藤助が、新八郎宛の結び文を持って現れます。

「春月の雛」
 人形師・春月の作った雛に魅入られて、二人の女が死んだという話を、肥前守が新八郎に話します。新八郎は、大久保源太と人形屋の京屋へ出向きます。

「淀橋の水車」
 先手組同心・佐久間多七郎の娘・おいちが、お鯉に相談事があるようです。おいちの妹・おみのは、従弟の飯山万次郎と聟に迎えることが決まっていましたが、何とか縁談をとりやめられないか、とおいちに言いました。

「中川舟番所」
 新八郎が肥前守の叔母と散歩に出た時、川で水練をしている侍を見かけます。その侍は、溺れかかり、新八郎が助けます。その侍・落合清四郎は、新八郎に水練の稽古を頼みます。清四郎は、中川の舟番所に配置されたのでした。

「落合清四郎の縁談」
 落合清四郎に縁談がおこります。相手は、火災の折に助けた内藤家の小夜姫でした。清四郎の姉のお茂登は、この縁談について新八郎に苦情を言います。

(1994.10 講談社/1997.9 講談社文庫)

時代小説ワールド


はやぶさ新八御用帳(六) 春月の雛 (講談社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「はやぶさ新八御用帳/御用旅」 シリーズ (平岩弓枝)
 初めの二作、「大奥の恋人」と「江戸の海賊」は長編です。第三巻目からは短編集です。最近では「御用旅」シリーズとなったらしい。  隼新八郎は、南町奉行根岸肥前守の内与力という設定で、主な登場人物は、お鯉、妻の郁江、その兄の神谷鹿之助、同心の大竹金吾や大久保源太、そしてお初や勘兵衛など。 ...続きを見る
気ままな読書日記@WebryBlog
2005/02/06 21:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『はやぶさ新八御用帳(6) 春月の雛』 平岩弓枝 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる