気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『はやぶさ新八御用帳(8) 春怨 根津権現』 平岩弓枝

<<   作成日時 : 2005/02/09 09:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

はさぶさ新八シリーズ」第8弾。おや、この巻から地の文が、「お初」ではなく「小かん」になったのかな?

「聖天宮の殺人」
 平井の聖天宮で舟番所のの役人が殺されたと聞いて、新八郎と大久保源太が駆けつけます。殺されたのは、落合清四郎の同僚の真田宇吉郎でした。

「梅屋敷の女」
 勘兵衛の家に滞在している岡本金之助は、女敵討のために江戸に出てきました。金之助は、二度も溺れかかり、小かんは不審に思っているようです。

「春怨 根津権現」
 旗本の森川家では、二代続けて当主が早世し、御坊主の山崎要俊の弟・直三郎が養子に入ります。ある日、直三郎が食当たりを起こし、要俊は、毒を盛られたのではないかと疑いました・・。

「世間の噂」
 米屋の丸庄に賊が侵入し、女房と母親が抵抗して賊を打ち殺します。母子は表彰されますが、家を空けていた亭主の吉之助が気の毒な立場となりました。

「牛天神の女」
 仙葉屋庄兵衛は吉原にいたおきよを身請けして妾にしますが、急死します。おきよは仙葉屋から暇を出されるとすぐに加納屋徳右衛門の妾になり、庄兵衛の息子の一郎兵衛は加納屋と争い、池に落ちます。徳右衛門の孫娘のお雪は、庄兵衛の孫の庄太郎の嫁になってました。

「秋風の門」
 新八郎は野犬に襲われている若い侍を助けます。侍は、間もなく得度するところでした。その夜、新八郎を訪ねようとした神谷鹿之助が、老武士をかばって覆面の侍に囲まれます。老武士は、鹿之助と助けに来た新八郎に、水越五郎兵衛と名乗りました。

「老武士」
 肥前守の叔母を訪ねた帰り、新八郎は紫頭巾の若者に取り囲まれます。近頃手を焼かせている連中のようでした。その後、回向院の境内で少年少女の死体が発見されます。旗本の蜂屋主殿の子供たちでした。

(1997.4 講談社/2000.9 講談社文庫)

時代小説ワールド


はやぶさ新八御用帳(八) 春怨 根津権現 (講談社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「はやぶさ新八御用帳/御用旅」 シリーズ (平岩弓枝)
 初めの二作、「大奥の恋人」と「江戸の海賊」は長編です。第三巻目からは短編集です。最近では「御用旅」シリーズとなったらしい。  隼新八郎は、南町奉行根岸肥前守の内与力という設定で、主な登場人物は、お鯉、妻の郁江、その兄の神谷鹿之助、同心の大竹金吾や大久保源太、そしてお初や勘兵衛など。 ...続きを見る
気ままな読書日記@WebryBlog
2005/02/09 09:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『はやぶさ新八御用帳(8) 春怨 根津権現』 平岩弓枝 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる