気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『深川澪通り燈ともし頃』 北原亜以子

<<   作成日時 : 2005/03/23 21:27   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

「木戸番小屋」シリーズ第2弾。この巻は、中編が二つ。
「藁」の登場人物のその後が、「たそがれ」でも触れられています。

「藁」
 子供の頃はかっぱらいで糊口をしのいでいた政吉が、笑兵衛から字を教えてもらったのがきっかけで、狂歌を作るようになり、作品が出版されるまでになります。しかし、政吉が狂歌に熱中するあまり、女房のおきくとはすれ違いが生じるようになりました。
最後の章のタイトルが、「燈ともし頃」。

「たそがれ」
 針仕事で生計を立てているお若は、薬売りの綱七と所帯を持ちたいと思いましたが、綱七には妻子がいました。しかし、別れられないまま15年がたちます。お若と張り合っていた男の噂が絶えないおえいは、稼ぎのない男と所帯を持ちます。近所に住んでいたおとよは、藍玉問屋の葛西屋に嫁ぎましたが、弟の三次郎はならずもので、みなを心配させています。
おうたのその後が作中で触れられています。

(1994.11 講談社/1997.9 講談社文庫)

時代小説ワールド


深川澪通り燈ともし頃 (講談社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「深川澪通り木戸番小屋」シリーズ (北原亜以子)
 木戸番をしている夫婦・お捨と笑兵衛を中心にしたシリーズです。「お捨」「笑兵衛」と、いかにも偽名、仮の姿であるようなこの二人の過去については、最初の『深川澪通り木戸番小屋』を読み進めて行くうちに明らかになります。 ...続きを見る
気ままな読書日記@WebryBlog
2005/05/07 00:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『深川澪通り燈ともし頃』 北原亜以子 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる