気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『刺客 用心棒日月抄』 藤沢周平

<<   作成日時 : 2005/04/06 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

シリーズ第3弾。いちおうこれがまとめの巻だったためか、谷口など、真打登場的であった。印象に残ったのは、「襲撃」。

「陰の頭領」
 あれから半年後。間宮中老の屋敷からの帰り、又八郎は斬り合いを目撃します。大目付配下の者たちと駆け付けた時には、死体は消えていました。その後、元執政の谷口が、又八郎を呼び出し、寿庵の陰謀を聞かせます。又八郎は、嗅足組を守るため、三たび江戸へ向かいます。

「再会」
 相模屋へ行った又八郎は、吉蔵に、江戸屋敷にいる佐知への伝言を頼みます。

「番場町別宅」
 又八郎と佐知は、行方知れずになった嗅足のはるの救出に向かいます。刺客を倒して裏店に戻った又八郎ですが、泥棒に金や衣類を盗まれていました。

「襲撃」
 又八郎は細谷と、ばあさんと孫娘の用心棒をします。ばあさんは、この家が狙われていると言います。

「梅雨の音」
 裏店の又八郎のところに、子供の使いが来て、佐知が怪我をしたと言います。又八郎は少年と、結城屋へ向かいます。

「隠れ蓑」
 細谷は、佐川屋六兵衛の妾・おきんから旦那の用心棒の話を持ちかけられ、又八郎と二人で働くことにします。

「薄暮の決闘」
 又八郎は、辰巳屋の隠居が保養に行く別宅の見回りを頼まれます。辰巳屋の隠居は誰かに狙われていると言っていますが、主人は、おやじの妄想だと言います。

「黒幕の死」
 又八郎は、谷口と間宮に江戸でつかんだことを報告します。 寿庵保方との対決、例によって渋谷甚之丞と牧与之助が登場。

(1983.1 新潮社/1987.2 新潮文庫)

時代小説ワールド


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「用心棒日月抄」シリーズ (藤沢周平)
 このシリーズは、まず『用心棒日月抄』に始まり、『孤剣』『刺客』そして『凶刃』で終わってます。 ...続きを見る
気ままな読書日記@WebryBlog
2005/04/06 23:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『刺客 用心棒日月抄』 藤沢周平 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる