気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『凶刃 用心棒日月抄』 藤沢周平

<<   作成日時 : 2005/04/18 08:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 シリーズ最終話。長編。世間での評判はわからないが、私個人的には、この最終シリーズは妙に好きだったりする。 時代設定は、『刺客』から十六年後です。渋谷甚之丞の息子・雄之助も登場。

 青江又八郎は、寺社奉行の榊原造酒から、嗅足組を解散させる話を聞きます。江戸へ出ることになっていた又八郎は、佐知に江戸の組の解散を説得するように頼まれます。ところが、その後榊原は暗殺されます。又八郎は出府前に、大目付の兼松甚左衛門と会いますが、その帰り、刺客に襲われます。
 江戸の長屋に佐知がひそかに訪れますが、佐知は又八郎が見張られていた、と言いました。

 一方、又八郎は、細谷の消息を聞きます。相模屋吉蔵のところで出会った初村賛之丞に案内され、会いに行きますが、細谷は浪人し、酒毒に冒されていました。

 そして、国許に帰った嗅足たちが殺される事件が起きます。御用人・船橋光四郎の暗殺事件と関わりがあるようです・・。

(1991.8 新潮社/1994.8 新潮文庫)

時代小説ワールド


凶刃―用心棒日月抄

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「用心棒日月抄」シリーズ (藤沢周平)
 このシリーズは、まず『用心棒日月抄』に始まり、『孤剣』『刺客』そして『凶刃』で終わってます。 ...続きを見る
気ままな読書日記@WebryBlog
2005/04/18 08:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『凶刃 用心棒日月抄』 藤沢周平 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる