気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『閻魔まいり 御宿かわせみ10』  平岩弓枝

<<   作成日時 : 2005/05/28 14:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

お千絵が登場する巻。割合唐突な感じがしたのは、私だけでしょうか(^_^;)

「螢沢の怨霊」
 東吾やるい、お吉たちが螢狩りに出かけた時、死体を発見しました。八王子村から来た清治郎という男で、死体を見たお吉は寝込んでしまいました。

「金魚の怪」
 一橋家お抱え医者の水野玄英の妻が飼っていた金魚が死に、それを食べた玄英の息子が急死しました。

「露月町・白菊蕎麦」
 白菊蕎麦の一人娘のおてるの聟の岩次郎が殺されました。おてるは、以前、子飼いの奉公人の又七を聟に迎えてましたが、離縁してました。

「源三郎祝言」
 八丁堀の同心に得意先を多く持っていた札差の江原屋が殺されました。その頃、源三郎に縁談が起こります。
 お千絵が初登場です。

「橋づくし」
 お千絵が親しくしていた小田原屋の一人娘のおとよに縁談が起こりますが、目の不自由なおとよは、この話に不安を覚えます。

「星の降る夜」
 横山町の伊勢屋で、突然、火鉢や鉄瓶が宙を飛び、石がばらばらと落ちて来ました。米沢町の加賀屋でも同じようなことが起こり、主人の仁兵衛が頭から血を流して死にました。

「閻魔まいり」
 浅草寺境内の閻魔堂で、湊屋仁左衛門の姪のお民が晴れ着を切られました。お民は、仁左衛門の娘のお駒と間違えられたのでは、と言います。

「蜘蛛の糸」
 「かわせみ」に泊まっている上州の足利屋の姪のお信は、白木屋の手代の寅太郎と会いたい、と言います。

(1988.6 文藝春秋/1991.6 文春文庫)

時代小説ワールド

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「御宿かわせみ」シリーズ 平岩弓枝
北海道のあるところのとある旅館が、「かわせみ」という名前でした(^_^;)  確かに、川のそばにありましたけど(笑) ...続きを見る
気ままな読書日記
2010/01/25 16:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『閻魔まいり 御宿かわせみ10』  平岩弓枝 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる