気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「馬の骨」の遣い手

<<   作成日時 : 2005/08/19 10:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

藤沢周平の「秘太刀馬の骨」がNHKでドラマ化される。主人公が浅沼から銀次郎に変わるなど、アレンジが予想されるが楽しみである。

さて、視聴前に気になっているのは、はっきり言って「誰が『馬の骨』の遣い手なのか?」ということである。ドラマではどのように解釈されるのだろうか。
ご存知の方も多いと思うが、幾通りもの解釈が存在するのだ。

なお、ネタばれになると思うので、未読の方はご注意願いたい(^_^;)


簡単に整理しておこう。

まず、普通に(?)読んだ場合には、矢野藤蔵だと思うのではなかろうか。私がそう思っただけかも知れないが(^_^;)
ただ、この場合、最初に銀次郎にやられていることなどから、(別項で書いたように)ミステリー的にはやや反則のような気がする。

ちなみに、雑誌の連載時には兼子庄六が想定されていたらしい。これもちょっとそんなんありかい、と言いたくなるかも知れない。

この件で、話をややこしくしているのは、出久根達郎の解説であろう。出久根は、浅沼の妻、杉江だと言っている。まあ普通(??)に考えると、杉江は「秘太刀」の継承者ではなく、名もなき者が何気ないところで発揮する力という意味での「馬の骨」の剣ということなのだろうな…?

ところで、ネットの海を漂って、さらに別解が提示されていることを知る。その指摘は、受け入れられるところが多かったのと、別項で「好きな人物」と挙げた彼だったので、紹介しておく。すなわち、北爪平九郎である。 http://shinsho.shueisha.co.jp/aikake/040110/index.html

付け加えるなら、『蝉しぐれ』の「村雨」の継承者(ドラマでは未登場。一人省かれている)の身分を思い合わせれば、確かにありそうである。

さて、ドラマではどのような解釈がなされるのだろうか。

時代小説ワールド


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
秘太刀 馬の骨?
第5回 「最後の一人」 ...続きを見る
☆゜'・:*:.。真夜中の星の庭。.:*...
2005/09/24 14:59
続・「馬の骨」の遣い手
しつこく「馬の骨」である(^_^;) ドラマを見ながら原作を引っ張り出してきたのだが、そのようなある種不毛な行動を取ってしまったのは、一つにはNHK金曜時代劇のドラマ化が面白かったせいである。おそらく、遣い手に諸説あることなどスタッフは承知しているのだろう。 ...続きを見る
気ままな読書日記
2005/09/26 09:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょうど、やこめっちさんにコメント書こうと
思ってたとこですよ。
自分も先日NHKでやるってのを知り、今回はきっちり録画してやろうと思ってます。
どういう解釈になるんでしょうね。
自分としては、出久根の解説のせいか杉江の心の病を断ち切った剣こそが、「馬の骨」と勝手に解釈しています。藩主お抱えの暗殺者は誰か?ってのは結局解決しませんが・・・

ドラマではどうなるんでしょうね。
「蝉しぐれ」で成功したスタッフらしいので、
あまり崩すことはしないと思いますが。

では、また。

tarkish
2005/08/19 12:06
おお〜、素早いコメントありがとうございます!
私は俳優さんたちのことには詳しくないのですが、南果歩が杉江と聞いて、ひょっとして?と思ったりもしました。

ドラマは微妙な時間帯なので、やはり録画が要るかな?
やこめっち@管理人
2005/08/19 22:41
原作探そうと思ってたんですよ!夕べNHKの番組紹介見ました。
ありがとうございます!早速借りてきます〜
そこかど
http://blog.goo.ne.jp/detective_trajectory/
そこかど
2005/08/22 08:30
面白いですよ〜
ネタバレになるのかなあ、、、テレビでは主人公が入れ替わっているそうですね。
やこめっち@管理人
2005/08/22 23:21
「馬の骨」のドラマ第一回見ました。まだ藤沢周平の本の方は読んでいませんが、面白そうですね。近々こちらも読もうかと考えています。
畝源三郎
2005/08/27 00:30
ネタバレをさけてここまで到達しました。
(小説の方も読んでいません)
本日NHK「馬の骨」第一回を見ましたが、
おもしろいですねえ。わくわくします。
原作ではどのような描かれ方をしているのか知りませんが、
内野さん演ずるエキセントリックな銀次郎がなかなか良いです。
今後の展開がひじょうに楽しみです。
チョコラ
2005/08/27 06:31
いらっしゃいませ〜
CGが微妙かなとも思いましたが、面白かったと思いますよ(^_^)
あと5回でしたっけ?うまくまとまるでしょうか。
やこめっち@管理人
2005/08/28 00:20
いやー、一回目しかまだ見てないのですが、
蝉しぐれの文四郎とのギャップが・・・
まあ、ここらへんが役者の技量の一つなんでしょう。
清次という原作に無い人物が出てきたときは、
俳優もマギーということもあり、こいつは
原作とは別っしておもしろいかもしれないと
思いました。

なんにせよ、久々に期待できる時代劇を楽しみたいと思います。
しかし、どんな帰結になるんですかね?

http://plaza.rakuten.co.jp/syohyo/
tarkish
2005/09/09 20:01
私もビデオに撮って見ました。
ふと思ったのが、誰がそうなのか、ドラマでシルエットくらいにしておくというのも面白いかも(^_^;)
今朝の新聞で、南果歩のコメントが載っていたのですが、小太刀を振るう場面があるかもしれないとのことでした。さて…?
やこめっち@管理人
2005/09/10 21:27
あと一回ですね。
この展開だと、杉江と北爪(汗)を除外できないかも、ですね。
(高橋和也が内野よりも小柄に見えたので、ますます遣い手の条件にあってくるような・・?)
ま、多分○○だと思いますが。
杉江については、なんとなく分かったような気がします。
やこめっち@管理人
2005/09/23 22:30
コメントありがとうございました!
ドラマではどんな解釈をされるのか、来週、楽しみです。
「かわせみ」も大好きなので、また感想拝見しに来ます♪
晶子
2005/09/24 15:06
晶子さん、コメント&TBありがとうございました。
ビデオに撮った予告編を深夜見直してみたのですが、黒装束が誰なのかはわかりませんでした(笑)
その他、小説のシーンにあった、北爪が銀次郎に容赦なくしゃべらせるところがあるのか、楽しみだったりします。

ところで、「長坂説」もあったのですね。それだとアリバイ(?)作りが大変そうですが。。。
http://www.real-unet.ocn.ne.jp/ta-san/fjsw/suuhen07.html
やこめっち@管理人
2005/09/24 22:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
「馬の骨」の遣い手 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる