気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『まことの花 御算用日記』 六道慧

<<   作成日時 : 2006/04/24 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

シリーズ第3作目。冨美さんは、仕立てを請け負っているらしい。一方、三紗は一膳飯屋の建て直しをすることに。少しずつ借金を減らしている?数之進は、宇和島藩の支藩の吉田藩へ。

今回は、一角の幼なじみの小春さんが登場。鳥海さまは、冨美をどのように??

伊予国吉田藩に潜入した数之進と一角は、季節外れの鶯の声とともに先代・村壽の亡霊が出るという話を聞きます。現藩主の村芳は、無類の狂言好きで、正室の茅野は、支藩の廃藩を企む宇和島藩主の父から、村芳はうつけ者と言い聞かされ、謀を授けられていました。

(2006.4.20 光文社文庫)

時代小説ワールド


まことの花 御算用日記 (光文社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「御算用日記」 六道慧
 着道楽・食い道楽の姉達が作った借金返済のため、幕府御算用者として潜入した藩の秘事を探ることになった生田数之進。 ...続きを見る
気ままな読書日記
2006/05/10 23:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『まことの花 御算用日記』 六道慧 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる