気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『図書館戦争』 有川浩

<<   作成日時 : 2007/01/02 17:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何気なく書店で手に取り、面白かったので勢いで読む。
登場人物の小牧じゃなくても充分笑い上戸入った。
主人公の笠原郁や相方?の堂上篤はじめ、前出の小牧、柴崎、玄田、手塚、稲嶺らもしっかりキャラが立っていて、読みやすい。実家のハガキの伏線もなかなかうまく使ってある。
「王子様」は割りに早いうちに見当がついた。

小説の設定は、たとえて言うなら恩田陸をライトノベルにした感じだろうか。
(恩田がライノベではないのか、という突っ込みはさておく)
主役の女の子の爆発振りは、初期の新井素子の小説の女の子を連想。「痒さ」も含めて(笑)

しかしながら、私の好みの本などかなりの割合で「良化委員会」に駆逐されることは必至なので、やはり「メディア良化法」なる法律が成立した、そんな世の中になったら困るとかなり本気で思ったりする。


図書館戦争

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『図書館戦争』 有川浩 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる