気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「新・御宿かわせみ」明治編スタート

<<   作成日時 : 2007/01/05 17:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

明治編。いきなり東吾が○○○○で源三郎が○○。
麻生家のみなさんも何人も○○。
(まだ連載の初回を読んだ限りなので、東吾さんについてはペンディングにしても良いかも)
麻太郎くんは東吾と瓜二つ。例の件の取り扱いはまずはこの辺からでしょうか。

いやいや大幅リセットでした。立ち読みしていて固まってしまいました(汗)
決して、(安易な…)などと思ったりはしていません(滝汗)

明治編でもあるし、「かわせみ」江戸編の後半も子供たちの視点になりつつあったので、当然ジュニア世代が中心になるとは思っていました。
シニアの退場までは予期していませんでしたけど。もっとも、扇の要として麻生宗太郎は健在ということ、というか、宗太郎が選ばれたことが興味深いかも。
方月館メンバーの正吉をかわせみにおいているのはGJのような。

ジュニア世代を単純化すると、東吾の子 − 麻太郎、るいの子 − 千春、源三郎の子 − 源太郎、 七重の子 − 花世、と位置付けられなくもないので、はっきり言ってカップリングが気になるわけだけれども(でもうまく成立させるには1パターンしかないのだが)、当面台風の目は花世でしょうか。

時代小説ワールド

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「新・御宿かわせみ」明治編スタート 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる