気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『春風を斬る 御算用日記』  六道慧

<<   作成日時 : 2007/05/12 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

シリーズ第五弾。薩摩藩もバトルに参加。読み終えてからプロローグを読み返すと、謎がすべて書いてあった。強すぎる大殿、それで良いのか(汗)前作で出てきた尾張家の関与も引き続き。
食べ比べに初めて負けた三紗は、リベンジの機会があるか?数之進を見初めたおひろは、今後も登場するだろうか。

数之進と一角は、仙石藩に潜入します。仙石藩は、門松も立てられないほどの貧乏振りを見せていました。藩主の忠輝は姿を見せず、屋敷では鳥を飼育していて異臭が漂っていました。藩主の父忠雅は一角が驚くほど腕が立ちます。
一角は、養父母から札差の娘との縁談を勧められていました。

(2007.4.20 光文社文庫)

時代小説ワールド


春風を斬る 御算用日記 (光文社時代小説文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「御算用日記」 六道慧
 着道楽・食い道楽の姉達が作った借金返済のため、幕府御算用者として潜入した藩の秘事を探ることになった生田数之進。 ...続きを見る
気ままな読書日記
2008/06/25 09:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『春風を斬る 御算用日記』  六道慧 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる