気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『手紙』 東野圭吾

<<   作成日時 : 2007/08/14 11:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

兄が強盗殺人を犯したせいで、要所要所で兄(象徴的に兄からの手紙)で人生を狂わされることになる直貴。
それでも何とか家庭を得たところで、また押し寄せる「殺人犯の身内」という世間の反応に対して、直貴はある決断をすることになる。

購入してから、何故か読了までに時間がかかってしまった。

興味深かったのは、ここで直貴(の娘の実紀)が「被害者」となり、加害者家族と付き合うことになること、最初の被害者家族との兄とのやりとりが明かされることであろう。
バンド仲間の寺尾の使い方が良かった。

平野社長さんの存在は良かったが、現実にこのような人がいてくれるのか、どうか。。。



手紙 (文春文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
手紙 東野圭吾
強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆と& ...続きを見る
カブシキ!
2007/08/14 16:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『手紙』 東野圭吾 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる