気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『蛇行する川のほとり』 恩田陸

<<   作成日時 : 2007/09/03 16:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

舞台背景を仕上げるため、毬子はあこがれの先輩・香澄と芳野に誘われ、夏休みに香澄の家で合宿することになった。毬子は有頂天であったが、親友の真魚子は、気を付けた方が良いと毬子に警告し、香澄のいとこ・月彦は香澄に近付くな、と毬子を脅す。

このように物語は始まり、香澄の家で過ごすうちに、毬子は昔の事件を思い出すことになっていく。そこでの大きな事件の後、真魚子も加わって謎が解き明かされて行くが、最後に本人(?)の独白・告白がついているのも、恩田陸作品に良くあるような。
学園ものの系譜として読んだ。


蛇行する川のほとり (中公文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは(●´Д`●)
沢山の本の中から
今度読むのに参考にさせてもらいたいと
思いました
また時折伺います
よっちゃん
2007/09/12 15:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
『蛇行する川のほとり』 恩田陸 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる