気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『有限と微小のパン』 森博嗣

<<   作成日時 : 2008/07/03 09:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

S&Mシリーズの最終巻。真賀田四季も登場。「F」に戻ってきて完結したような感じもする。

「ナノクラフト」の経営するテーマパークを訪れた萌絵たち。そこで殺人事件が起きて…というわけだが、バーチャル世界での殺人は、つまるところ芝居中に起きた本当の殺人事件というのと共通性があるのかも知れない。

この作品が書かれてから10年ほどがたち、現代では技術的にはこの世界よりもずっと進歩しているのだろうな。


しかし、最初にこの本を読んだ時は、四季さんがその後のシリーズまで支配するなんて思っていなかったのだった。
有限と微小のパン―THE PERFECT OUTSIDER (講談社文庫)

有限と微小のパン (講談社文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『有限と微小のパン』 森博嗣 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる