気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『凶笑面 蓮丈那智フィールドファイルI』 北森鴻

<<   作成日時 : 2008/07/31 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

民俗学の助教授(今では准教授というらしい)の蓮丈那智(女性)と助手の内藤三國がぶつかる数々の事件。探偵役とワトソン役(文字通り「助手」)の二人と公開できない事件簿という古典的?な体裁で、そして民俗学上の謎と現代の事件とのかかわりという、いわゆる歴史ミステリなんかで出てくるような趣向でもある。

第一集の『凶笑面』を読んだ限りではそんな感じ。収録中の「双死神」は、宇佐見陶子も登場して『狐闇』の裏話・ミクニが関わる部分が書かれている。
例の事務の「狐目」氏は、まだおとなしい。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『凶笑面 蓮丈那智フィールドファイルI』 北森鴻 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる