気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『赤緑黒白』 森博嗣

<<   作成日時 : 2008/09/07 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Vシリーズ最終話。「へっくん」と「林さん」のことも最後に露骨に?出てくる。
第一話登場の秋野秀和、そしてラスボスこと四季ちゃん@少女時代が登場。
「赤緑黒白」で「四季」を暗示しているわけ。

で、殺人の真犯人は、いちおう気が付くようになっているのだろう。(帆山美澪の失言より)

以前もどこかに書いたような気がするが、個人的にはVシリーズの方が(S&Mよりも)好きだったりする。
保呂草さんは旅立ってしまったけど、「捩れ屋敷の利鈍」のことをがあるので、たまに紅子さんとも会っているのだろう。

いやしかし、記事を書くためもあって森博嗣作品を以下のようにバラバラに、例えば


『φは壊れたね』 (Gシリーズ) 【新】
『幻惑の死と使途』 (S&Mシリーズ)【再】
『夏のレプリカ』 (S&Mシリーズ)【再】
『人形式モナリザ』 (Vシリーズ)【再】
『今はもうない』 (S&Mシリーズ)【再】
『月は幽咽のデバイス』 (Vシリーズ)【再】
『θは遊んでくれたよ』 (Gシリーズ)【新】
『数奇にして模型』(S&Mシリーズ)【再】


のように読んでいたので全くわけが分からないような、しかしあちこちの伏線をチェックして楽しかった。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『赤緑黒白』 森博嗣 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる