気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ナイチンゲールの沈黙』 海堂尊

<<   作成日時 : 2008/09/15 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

チーム・バチスタの栄光』の田口・白鳥コンビ!?シリーズの第2弾。

そうですか、最初の「證誠寺のタヌキ囃子」が伏線だったですか。すみません、言って見ただけ。手際が悪いわ。こんなことで文字数使うなんて。すみません、(以下略)

まあ、犯人は(共犯関係はともかく)限りなく明示されていたに等しいんじゃないかと思うが、犯人当てをしたいわけではないのだろうから、そういうものなのだろう。
道義的には、内山女医に責任があるように思うわけだが、その辺も落とし前をつけているのがさすがエンターテイメント。瑞人くんの盗癖?も伏線というわけか。

そういえば、共感覚ってのか、身内で音に色が見えるとか言うのがいたのを思い出した。だから何なのだ?と思っていたのでそんな大したものだとは思っていなかったが。

さて、桜宮病院がどうだとか、なんとなくシリーズ全体の大きな話が出てきたようなので、最初の『チーム・バチスタの栄光』を古本屋リストに入れていたのを引っ張り出すことにした。それでなくても、スネイルとかシーアネモネとか、何だったっけ?とぱらぱら読み直す羽目になったし。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ナイチンゲールの沈黙』 海堂尊 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる