気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『τになるまで待って』 森博嗣

<<   作成日時 : 2008/09/17 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

超能力者という神居静哉の別荘・「伽藍離館(がらりかん)」で起こる事件というわけで、いわゆる閉ざされた嵐の山荘のパターン。ひょっとしたら、そのパロディなのかも知れない。

神居はMNIの残党が祭り上げた人物であるらしく、佐織宗尊、そして真賀田四季について赤柳初朗が調べているのは、シリーズ全体への布石なのだろう。

ラストの佐々木睦子と赤柳の会話からすると、赤柳はVかS&Mかあるいは「四季」に登場したことのある人物なのだろう。(短編含む)
西之園萌絵は知らない人物であろうかと思うので(犀川は黙っているかもしれないけど、萌絵だったら言及するだろう)、あのしゃべりは森川素直に似ているような気もするけど、さて?

加部谷恵美ちゃんは、昔の殺人事件(『幻惑の死と使途』ですね)がトラウマになっているのか。すると、Vは紅子−保呂草、S&Mは萌絵−犀川、そしてGは海月と恵美がコンビというのかセットになっているとか?






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『τになるまで待って』 森博嗣 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる