気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『闇の守り人』 上橋菜穂子

<<   作成日時 : 2008/09/18 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『精霊の守り人』に続くシリーズ第2作。バルサの過去と、カンバル王国の危機が絡み合って語られる。けっこう効いているかと思ったのは、カンバルが豊かな国ではなく、ルイシャ頼みであるということか。

二作目にして気がついたが、バルサおばさん(汗)が若い男の子(チャグムとかカッサとか)を守る話だったのか!?

『闇の守り人』は、オトナに人気とのことだが、バルサがトラウマと向き合うこと、そしてジグロとの愛憎、そしてヒョウル<闇の守り人>の正体およびその戦いが通過儀礼であることからなのだろう。

で、通過儀礼を経て大人になったことだし、タンダとお幸せに。じゃなくて(汗・くどい)




闇の守り人 (新潮文庫 う 18-3)
新潮社
上橋 菜穂子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『闇の守り人』 上橋菜穂子 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる