気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『孔雀狂想曲』 北森鴻

<<   作成日時 : 2008/10/24 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宇佐見陶子のシリーズにも顔を出している雅蘭堂・越名集治が探偵役となるシリーズ。
割りに渋い読後感。
登場人物のキャラクターははっきりしていて、最初の「ベトナム ジッポー・1967」で危うく万引き未遂?の女子高生・長坂安積がその後店の手伝いに入り浸り、兄の越名収一、一癖も二癖もある犬塚晋作と小宮山恵子など魅力的である。

何もかも承知の蒐集家・高沢が越名の眼を鍛える「根付け供養」が印象的だった。




孔雀狂想曲 (集英社文庫)
集英社
北森 鴻

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『孔雀狂想曲』 北森鴻 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる