気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『緋友禅 旗師・冬狐堂』 北森鴻

<<   作成日時 : 2008/11/05 09:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『狐罠』の宇佐見陶子シリーズの短編。何が驚いたかって、宇佐見陶子が短編になって、講談社から文春にコンバートされていたことだった。
まあ他の作家でもあるといえばあるのだが…長編が講談社、短編が文芸春秋になるのかな?

短編なので、あまりその歴史的な謎とかそのような色は薄くなり、謎解きがメインとなっているようである。




緋友禅 (文春文庫―旗師・冬狐堂 (き21-4))
文芸春秋
北森 鴻

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『緋友禅 旗師・冬狐堂』 北森鴻 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる