気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『螺鈿迷宮』 海堂尊

<<   作成日時 : 2008/12/18 20:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

事故死した両親の遺産を食い潰しつつ落ちこぼれ医学生をやっている「アンラッキー」な天馬大吉が、幼馴染の別宮葉子に頼まれて桜宮病院へ潜入するはめに、、、で、三婆たちに翻弄されつつトロい看護師のおかげで入院患者となり、さらに怪しい皮膚科医が。。。

「チーム・バチスタ」等を読んでいると、トロい看護師こと姫宮や、「火喰い虫」白鳥が(何故か)皮膚科医をやっていることがわかる仕組み。

医療の問題はさておき、以下ネタバレとなるが、



「でんでん虫」のような建物・螺鈿迷宮に、双子の姉妹にさらにもう一人というのは、何のことはない、古典的な、もしくは新本格のアレではないですか(^_^;)
いやあ、館シリーズに双子の入れ替わりなんて(殴)
ついでに、本人が忘れていたような因縁もあったりするなんて、綾辻だったら「囁き」シリーズになっていたかもしれない(汗)




螺鈿迷宮 上 (角川文庫)
角川グループパブリッシング
海堂 尊

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『螺鈿迷宮』 海堂尊
東城医大の落ちこぼれ医学生・天馬大吉は、ある日幼馴染みの新聞記者・別宮葉子から、碧翠院桜宮病院への潜入取材を依頼される。桜宮病院は宗教法人と老人介護センター、それにホスピス施設を一体化した複合型病院施設であり、地域の終末期医療を担う施設としてマスコミに取り上げられたこともあったが、どうも胡散臭い噂も流れているらしい。 渋々ながら介護ボランティアとして病院へと通い始めた天馬だったが、そこに現れた姫宮というドジな看護師のせいで骨折、一転して入院患者となってしまった。更にそこへ白鳥と名乗る怪しげな医... ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2009/01/11 20:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『螺鈿迷宮』 海堂尊 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる