気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『うそうそ』 畠中恵

<<   作成日時 : 2009/02/18 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『しゃばけ』の若だんなシリーズ第5弾。ドラマ化もされる(これもシリーズ化?)
あれ、松之助兄さんのことがまだ分からないから、次が『いっちばん』というわけではなかったのか。

あの病弱な若旦那が箱根に湯治に行く!?すなわち、旅に出るなんて…!!
という『うそうそ』。
その旅は、こちらの予想以上に波乱万丈なものとなるのだが、若旦那とお比女の悩みが重なってきたり、と読み応えがある。エピローグで提示されていたのだった、と読み返して気がついたのだが(^^ゞ
そうそう、朝顔のことも最初の方に書いてあった。

新龍さんの存在が利いていて、魅力的。

地震で怪我をした若旦那・一太郎は、箱根に湯治に行くことになりました。地震が起こるたび、「若旦那が邪魔だ」という声や、女の子の泣き声が聞こえていました。兄やたちや松之助を船に乗った一太郎でしたが、途中、仁吉と佐助の姿が見えなくなります。下船後、小田原では雲助たちに出会います。塔之沢の旅籠では、人さらいに遭いました。

(2006.5 新潮社/2008.12 新潮文庫)

時代小説ワールド



うそうそ (新潮文庫 は 37-5) (新潮文庫)
新潮社
畠中 恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『うそうそ』 畠中恵 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる