気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『美貌の帳』 篠田真由美

<<   作成日時 : 2009/08/23 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

伝説の女優・神名備芙蓉がクローズドな舞台で三島由紀夫の「卒塔婆小町」を演じる。年老いた彼女が果たして若い美女を演じられるのか、それに関わる演出家の死、パトロンの老人・天沼(そう言えばこのシリーズの金持ち老人って、みんな俗物っぽいですねえ?)や、その娘の暁子と死んだ恋人、暁子は芙蓉の娘なのか?
なんてことが高校へ通うことにした蒼、京介とその知人、バイトでもぐりこんだ深春も巻き込んで語られる。

芙蓉さんのモデルはやっぱ三輪明宏なんでしょうかねえ。
そこでちらっと京介の母のことが芙蓉の口から出た辺りが、今後の展開への手がかりになるのだろうか。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『美貌の帳』 篠田真由美 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる