気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『赤い指』 東野圭吾

<<   作成日時 : 2009/08/17 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

実は、加賀さんの物語でもあったのか。
父の隆正は、たしか『卒業』で出てきた、というか、恭一郎がアドヴァイスをもらっていたような記憶が。
そっか、恭一郎には叔母と従弟がいたわけね。

さて、本編、松宮一家の方。
何があったのかは、最初に提示されているいわば倒叙法ってやつ。それを、加賀がコロンボよろしく追い詰めていくわけだが、まあ、加賀にかかれば事実なんてお見通しってわけで、テーマとなるのは家族のつながり。
嫁さんも了見が狭くてアレだが、問題を直視しないで逃げている松宮の欠点も、しっかり描かれていたりする。息子については、どうでもいい(汗)

何故タイトルが「赤い指」なのか、これが物語の結末となる。案外、さくさくと読むことができた。



赤い指 (講談社文庫)
講談社
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東野圭吾『赤い指』
赤い指講談社このアイテムの詳細を見る ...続きを見る
itchy1976の日記
2009/08/28 12:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『赤い指』 東野圭吾 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる