気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『透明な遺書』 内田康夫

<<   作成日時 : 2009/09/22 14:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そうそう、内田センセはやはり社会派なんだろうな、と思う。適切な言い方かどうかは分からないが、かなりの力作。

「遺書」と書かれた封筒だけを残して自動車内で排ガス自殺を遂げた男、清野。清野の娘・翠は父が自殺したことに疑問を持ち、父の友人・西村に相談、彼らが藤田編集長の友人であったことから、浅見は事件に関わっていく。
15年前、ロッキード、いやL社事件のときにも同じような排ガス自殺の事件があったこと、、、というわけで、そう、カベとか鉄骨とか(謎)
仮払い伝票というのはなかなか。


保革逆転など夢のまた夢だった時代のこと。
副総裁が実験を握っていたりして。(当時、コン・チク・ショウなんて言わなかった?)
カベのモデルとL社に関係した人も、同じ選挙区だったりしたなあ。



透明な遺書 (講談社文庫)
講談社
内田 康夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『透明な遺書』 内田康夫 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる