気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『象牙色のクローゼット』

<<   作成日時 : 2004/09/15 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シリーズ第7弾、杉原爽香、21歳の冬。

今回の事件は、爽香というよりも、河村家で預かっていた親類の女の子・由季が主役のよう。
由季と、クローゼットに魔物を住まわせている男の話。異色作といえば異色作。

明男は祐子と付き合いながら、爽香に頼ったり、中丸教授夫人も出てきたり(シリーズの途中から読み始めたもので…謎)。
爽香に好意的な野崎さん登場。


解説によると、爽香シリーズは25歳まで書き続けられる予定とのこと。
確かに、そこで一区切りなんだけど、続きが書かれたわけかな。




象牙色のクローゼット (光文社文庫)
光文社
赤川 次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『象牙色のクローゼット』 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる