気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『護国の剣 御算用日記』 六道慧

<<   作成日時 : 2009/09/18 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

シリーズ10冊目。借財の残りはあと百二十五両。

なのに姉の三紗は、見世を構えたいと言い出して…。
ところがその般若のごとき三紗が、『柳生五人組』の一人、杉崎春馬が訪ねてきてからは、機嫌がよくなって、、、いやはや、上機嫌の三紗は怖い。そして、善人の三紗は恐ろしい、と(笑)

世津さんとも最後に仲直りできたようで。

本筋の方、「殿様を探せ!」はなかなか面白かった。

(2009.9.20 光文社文庫)

あらすじ:今回の潜入先は肥後国人見藩。数之進のところには、相変わらず「千両智恵」を頼る人たちが訪れます。岩田屋清治郎からは朝顔の花を咲かせたまま客に見せたいと言う難題を頼まれます。竹林を畑に変えたいと言ってきた平助を訪ねた数之進たちが襲われました。老中・松平信明は、幕府御算用者の潜入先に仕込みをしたという話でした。

時代小説ワールド





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「御算用日記」 六道慧
 着道楽・食い道楽の姉達が作った借金返済のため、幕府御算用者として潜入した藩の秘事を探ることになった生田数之進。 ...続きを見る
気ままな読書日記
2009/09/18 00:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『護国の剣 御算用日記』 六道慧 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる