気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『月の裏側』 恩田陸

<<   作成日時 : 2009/10/29 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新型インフルエンザ大流行の今日この頃、思い出すのが、この小説。
かかるのは怖いけど、かかってしまってさらに無事に戻ってこれたら、これで安心。
しかも、発症はどうも若年層に多いようで、きっと我々の世代は知らないうちに「盗まれて」いるヤツも多いのかも知れない…(滝汗)

箭納倉の恩師三隅協一郎から、三人の老女が次々に失踪、数日後に帰ってきたと聞いた塚崎多聞。後に、協一郎の弟夫婦も同じように失踪、帰ってきた弟夫婦に協一郎は違和感を持った…。

想像しようとするとけっこうコワイ情景もたくさん。


私が初めて読んだ恩田陸の小説が、これだったと思う。




月の裏側 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
恩田 陸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『月の裏側』 恩田陸 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる