気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『街の灯』 北村薫

<<   作成日時 : 2009/10/11 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

花村家の令嬢・英子が新しく雇われた運転手の別宮みつ子と出会い、物事を自分の目で見つめて行く成長物語(多分)。
いわゆる日常の謎というやつ。

「虚栄の市」 ベッキーさんこと別宮みつ子が花村家にやってくる。乱歩の『屋根裏の散歩者』の北村バージョン?

「銀座八丁」 花村家の兄弟が登場。同級生の道子だけでなく、兄の勝久、姉の麗子はこれからも物語りに関わってきそう。

「街の灯」 軽井沢での変死事件。桐原道子の婚約者・瓜生の別荘での上映会で、家庭教師の井関が急死。チャップリンの『街の灯』の解釈も語られる。




街の灯 (文春文庫)
文藝春秋
北村 薫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『街の灯』 北村薫 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる