気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『鄙の記憶』 内田康夫

<<   作成日時 : 2009/11/20 10:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

TV記者の久保が「面白い人に会った」という言葉を残して静岡の寸又峡で殺される。
彼の足取りを追った記者・伴島は、浅見光彦と出会い、調査を進めるが、彼もまた殺された。

秋田の資産家の老女の殺人事件、「面白い人」との関わりが興味を引く。

記者クラブのことなどがちらりと書かれているのも面白かった。





鄙の記憶 (角川文庫)
角川書店
内田 康夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『鄙の記憶』 内田康夫 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる