気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『むかしのはなし』 三浦しおん

<<   作成日時 : 2009/12/30 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

三浦しおん初体験がこの本。

初めは、昔話のパロディというか現代的アレンジなのかとも思っていたが、三ヵ月後に地球が隕石にぶつかって滅亡(この種のネタ、昔新井素子で読んだような…「宇宙魚顛末記」とか「ひとめあなたに…」とか)、限られた人のみがロケットで脱出できるという、短編ごとを結ぶ筋ができていて、登場人物も微妙に?リンクしてくる。犬を川に流した人、とか。

最初の27才までしか生きられない家系の男と、ロケットに乗らないモモちゃんの話がつながった。

語りたい人たちが語るその人の物語。






むかしのはなし (幻冬舎文庫)
幻冬舎
三浦 しをん

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『むかしのはなし』 三浦しおん 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる