気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『さよならドビュッシー』 中山七里

<<   作成日時 : 2010/05/16 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

このミス大賞受賞作。作者は男性だったか(汗)まあ言われてみればちらっとそういう感じもしたけど(生理云々のところ…ネタバレになる?)

主人公の香月遥は、資産家一族の生まれで、音高の特待生。しかし、火事で祖父と従姉妹のルシアを失い、自身も大やけどをして、ピアノを弾くのも困難になってしまう。
リハビリ中に、遥は命を狙われ、殺人事件も起こる。

巻末の評にあるように、コンクールのくだりは、王道すぽ根もの・宗方コーチつきのよう。岬の障害は、まさに宗方コーチを連想させる。「アラベスク」で優勝してしまうなんてのも、昔のバレエ・スポ根ものそのものだし。(思い浮かんだのは、山岸凉子のその名も「アラベスク」)



(ネタバレっぽいかも知れないが)外見よりも中身が重要というテーマが良い。その名前でいるのは、ピアノを弾くため、その名前でいるためにピアノを弾くのではないのだから。

メイントリックについては、アンフェアと思う人もいるかも。叙述トリックというのとも違うようだし。
でも読んでいて面白かったので、まあOKか。




さよならドビュッシー
宝島社
中山 七里

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『おやすみラフマニノフ』 中山七里
このミス大賞の『さよならドビュッシー』のシリーズ化されたもの。すると、探偵役はシリーズ通して岬先生か。ところどころ、『さよならドビュッシー』での出来事に触れられているところも。 ...続きを見る
気ままな読書日記
2010/11/13 00:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『さよならドビュッシー』 中山七里 気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる