気ままな読書日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『青柳の糸』 河村恵利

<<   作成日時 : 2010/08/27 12:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大坂の陣あたりの話がメイン。市井の話「水鳥」で異形の者として出てきた「出雲守」の話もつながり、大坂の陣のテーマでうまく括られている。


「青柳の糸」 

大野修理の従兄妹・青柳は、木村長門守と知り合いますが、印象は良くありませんでした。憎からず思っていた大井何右衛門が合戦で討たれ、青柳は長門守の計らいで会いに行きました。

「桐の葉」

小谷の落城の折、正室と姫君たちを送ってきた若者・片桐助作は、羽柴秀吉に仕えることになります。正室・小谷の方が柴田勝家に再嫁することになり、娘たちを連れて去った後も、助作は秀吉に仕えることにします。

「水底」 

関ケ原の戦で敗将となった毛利勝永は、土佐の山内家に預けられ、若君の世話をする浜乃を娶ります。その後も、勝永のところには昔の知り人から手紙が届いているのを、若君・忠義は気にしますが…。

「水鳥」 

辰巳屋の若旦那は、大旦那に届け物があるという少女を連れて、住吉の寮に行くことになります。その少女が届けに来たのは、酒でした。

「霧の籬」

大喜多城主・本多忠朝は、難破したスペイン船の者たち300名以上を手厚く保護します。公明正大を好む気性の忠朝は、大坂の陣に臨む大御所の言動に不信を感じます。


(戦国落城秘話 秋田書店)

コミックで戦国入門




戦国落城秘話青柳の糸 (プリンセスコミックス)
秋田書店
2010-07-13
河村 恵利

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦国落城秘話青柳の糸 (プリンセスコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『青柳の糸』 河村恵利  気ままな読書日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる