『千姫絵姿』 澤田ふじ子

今現在、光文社文庫で出ていますが、かなり昔から別のところで出版されていたはず。というか、多分『歴史と旅』あたりで連載されていた記憶があるのだが、違うだろうか・・。

タイトルを見て分かるとおり、主役は千姫。大坂城の秀頼に嫁ぐところから始まります。まあ、この題材は、多くの人がいろいろな所で扱っているので、独自性を出すのは難しいでしょう。
この小説で目を引いたのは、(・・・ネタバレ・・・)千姫が落城寸前の大坂城から脱出するところで、秀頼母子の助命嘆願をしなかったことでしょうか。見も蓋もない言い方をすれば、千姫が助命嘆願しようとしまいと、結果には変わりがなかったでしょうが、ここでは千姫自身の意志として、沈黙したわけですね。

秀頼の出生ネタについては、まあ、他でもあったような。。。
天秀尼は、生母がすぐになくなったために千姫を母と呼んで育ったことになっています。

伝説のもととなるようなことも、多少あったことになっています(謎)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック