『木戸の椿 公事宿事件書留帳二』 澤田ふじ子

シリーズ第2弾。「甘い罠」「黒い花」が印象に残っている。

「木戸の椿」
 年の瀬の挨拶に源十郎と一緒に出かけた菊太郎は、困った様子の銕蔵たちと出会います。五歳の幼女がかどわかされたのでした。

「垢離の女」
 お信は、身投げ寸前の若い女と赤子を助け、長屋に連れ帰ります。

「金仏心中」
 楼主の車屋文蔵と口論していた遊女のお時の客になる、と菊太郎は申し出ます。その時、お時をかばっていたお鈴も一緒に揚げさせます。車屋文蔵は、骨董好きでした。

「お婆とまご」
 菊太郎は、居酒屋で難癖つけられていた若者を助けます。後に、「鯉屋」に若者・弥市の祖母のお勢が挨拶に来ますが、お勢は揉め事を抱えているようでした。

「甘い罠」
 大店の娘らしい少女が、「鯉屋」の様子を伺っています。その大文字屋の娘・お妙は、湯治に出かけたままの祖父の身を案じていたのでした。

「遠見の砦」
 「鯉屋」で働く喜六は、銕蔵と同心・曲垣染九郎が男を引き立ててくるのに出会います。喜六たちは鯉屋で雨宿りをします。その男、富吉は、ある男の目を潰した嫌疑が掛けられていますが、富吉は、自分ではないと主張します。

「黒い花」
 同心の福田林太郎は、昨夜は正体なく酔いつぶれたようです。その頃「重阿弥」では、燗番の光太夫が行方不明になってました。

(1992.10 廣済堂出版/1996.2 廣済堂文庫/2000.12 幻冬舎文庫)

時代小説ワールド

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

そこかど
2005年07月13日 12:15
おおー!ありがとうございます!
昨日1巻目は入手しました!おっかけますわ~

この記事へのトラックバック