★「公事宿事件書留帳」 (澤田ふじ子)

 読み始めたのは、某国営放送のご紹介ということです。

 主人公は訳あって家を飛び出し、公事宿「鯉屋」で居候している菊太郎。菊太郎という名前に、島田一男の「菊太郎」シリーズを思い出し、居候の身分に城昌幸の「若さま侍」を思い出しました。異母弟が京都東町奉行所同心組頭というのは、「浅見シリーズ」?(汗)かなり、時代小説の王道を行っているわけですね。

 その中で、この小説独自のものとしては、舞台が京で、公事(民事裁判・・かな)が絡むことですね。そして、お信との関係も、割に現代的なものに感じました。登場人物同士のやりとりも、京風なのか(?)なかなか面白いです。
 主人公は菊太郎としても、要となっているのは鯉屋の主人・源十郎ですね。

 放送時には、菊太郎は内藤剛志、お信が南果歩、源十郎は渡辺徹、義母の政江が香川京子でした。   (No.6)

闇の掟 公事宿事件書留帳一
木戸の椿 公事宿事件書留帳二
拷問蔵 公事宿事件書留帳三
奈落の水 公事宿事件書留帳四
背中の髑髏 公事宿事件書留帳五
ひとでなし 公事宿事件書留帳六
にたり地蔵 公事宿事件書留帳七
恵比寿町火事 公事宿事件書留帳八
悪い棺 公事宿事件書留帳九

時代小説ワールド



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック