『ジェネラル・ルージュの凱旋』 海堂尊

『ナイチンゲールの沈黙』と同時進行中の話。もしかすると、こっちが表側の話なのかも知れないと思ったり。

ジェネラルと呼ばれる救急医療の救命救急センター部長・速水が、医療業者と癒着しているという告発文が田口のところに届く。
田口は、苦労して書類を整え(それはどうでもよいか)、エシックス・コミティに諮り…と書いていくと、本筋とずれそうだが、この委員会でのやりとりは秀逸。もちろん、白鳥に粉砕されるのはある種のカタルシス。

この話は姫宮が不器用な看護師として登場。ここで修行?して『螺鈿迷宮』へ、というわけか。
最後に佐藤ちゃんの「バックレます」発言は面白かった。
ネコさんは、総師長になるんでしょうか、やっぱり。

映画の予告を見たが、速水役の堺雅人がチュッパチャップスをしゃぶっていたのにニヤリ。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 海堂尊「ジェネラル・ルージュの凱旋」

    Excerpt: 海堂尊著 「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読む。 このフレーズにシビれた。  見立てのひとつやふたつ外れたくらいで、いちいち辞表を提出していたら、救急医なんてこの世界から ... Weblog: ご本といえばblog racked: 2011-01-22 16:44