『のぼうの城』 和田竜・花咲アキラ

秀吉が小田原征伐に乗り出したときに、石田三成らの軍勢に屈しなかった忍城の城代・成田長親。
彼は、父の後を継ぐ前、でくのぼう、の、のぼう、と呼ばれ、百姓の手伝いをしようとすれば、その不器用さに断られ、少々軽んじられている風があった。

しかし、幼い時からの友・正木丹波は、長親に何か得体の知れないものを感じ、そして城主の決定に反し、開戦を宣言したときに、人々も長親の人徳を次第に理解していく…。

のぼうが実は?人々に慕われていることが、三成の水攻めを破る決め手になったことなと、なかなか面白かったです。

最後の、三成らと長親との対面シーンも読み応えありました。




のぼうの城 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
小学館
花咲アキラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック