『此の花選び』 河村恵利

この巻通じて、視点は変われど、待賢門院璋子の話と言っていいのではないかな。


「夙夜」 藤原季通は、院から直々に養女の姫の筝の指導を頼まれましたが、姫は練習に身が入りません。ふとしたきっかけで、姫は熱心に練習するようになりましたが…。

「此の花選び」 藤原忠通は、季通の姉の宗子のことを想っていますが、ある日、院の養女の姫との縁組を打診されます。

「韓紅」 季子が乳母を務める幼い二の宮は、目が見えません。周囲の中傷をよそに、二の宮の母・待賢門院は季子に信頼を寄せます。

「有明の月」 佐藤義清は、市井に住む殿の娘・如奈のところをしばしば訪ねています。ある日殿は、成長した如奈を入内させると言いました。

「夜さりの月」 中宮付き女房の堀川局の姪・初瀬は、宮中に勤めることになります。三条と呼ばれるようになった初瀬は乳母子の二郎と恋仲でしたが、ある日、上皇が三条を見初めたと待賢門院は言います。

「残りの月」 待賢門院は、新たに皇后となった得子を呪詛した疑いをかけられ、落飾します。病勝ちとなった女院が見る夢は…。
ここでオチをつけた感じ。


(平安ラブロマン1 秋田書店)

コミックで戦国入門




平安ラブロマン 1 (プリンセスコミックス)
秋田書店
河村 恵利

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック