『ηなのに夢のよう』 森博嗣

Gシリーズ第6弾。瀬在丸紅子も登場。最初の数学者(深川)~小田原長治~藤井苑子、とシリーズ縦断で懐かしい人の名前が出てくる。
公安の沓掛が、四季のことを調査している。

萌絵は、飛行機事故のことを金子と話す。東京のW大に行くことになるのかも。

なんとなく、萌絵のトラウマ、あるいは自殺論がメインで、「η」事件の方はどうでもよい?とまでは言わないが(汗)
聞くところによると(作者のサイトにもあったが)、シリーズのターニングポイントになるとかどうとか。



ηなのに夢のよう DREAMILY IN SPITE OF η (講談社文庫)
講談社
2010-08-12
森 博嗣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ηなのに夢のよう DREAMILY IN SPITE OF η (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック